大地

12-10-13_001.jpg
10年前、ニューヨーク。マンハッタンのスタジオで、ウィルリーと「旅に出よう」という曲をセッションした時。


同じく10年前。虹の岬祭という九州のネイティブな野外フェスのステージでライブしたあの日。


2011年の春。神戸のあるイベントで、沼澤尚と演奏した流れ歌。


ついこの前、福岡の美しいビーチで台風のバックスウェルをとらえ、友だちと二人きり波乗りした夕暮れ。


そして、五回目の押さえきれない感動と興奮の波は、思いがけず大地からやってきたのだった。

自然栽培で収穫した里芋がそれだ。

大丈夫かなと、夏のあいだずっと気がかりだった。
作付けした時期は遅かったし、肥料ももちろん与えていない。
半分はすでに猪にやられてしまっていた。

ただ、朝な夕な、ひたすら気をかけていた。

秋になり、恐る恐る掘り返してみれば驚きだ。どれもびっしりと実っているじゃないか。

よくやったよ、頑張ったね。夢中でその根を引き抜いた。


表に見えている茎や葉からは想像できないほど、里芋たちは深く広く根をはり、命いっぱいにその生を謳歌していたのだ。

すごいね、みんな、ありがとう。
なりふり構わずほとんど口に出していた。


でかくて気持ちのいい波は、めったに来ないからよく覚えている。そうあの感じだ。

五回目の大きなうねりは、僕の足元にあるこの大地から沸き上がってきた。

音楽、サーフィン、そして自然栽培の畑。

3つのフィールドが、これからの僕の旅の舞台となってゆくだろう。