ナガサキ

12-11-20_006.jpg
長崎のラジオ番組への出演を終えて、とあるダイニングのカウンターに腰を落ち着かせた。

音楽を愛するマスターは、ビートルズのホワイトアルバムで僕を出迎えてくれたのだ。

ハートランドで孤独
な打ち上げの口火を切り、次のベルギービールにグラスを明け渡す直前に、マスターはレコードをホワイトアルバムから、ポールマッカートニーのソロアルバム、マッカートニーに切り替えた。


ビールにカルパッチョ、そしてマッカートニー。しかもアナログで聴く。

最高に贅沢なディナーだけど、サーモンとアスパラガスの和風パスタを平らげたら、バスターミナルへ行かなくちゃ。


19時10分、熊本行きの最終バスが待ってくれている。


帰り際、アルバムからは、JUNKが流れていた。

ポールがその後のライブ、例えばアンプラグドなどでマッカートニーに収録されている楽曲から多く演奏していることを考えると、彼のこのアルバムへの思い入れを伺い知ることができる。


僕にとって、月が昇る頃キミはがそうであるように、ポールにとってマッカートニーは、とても大切なアルバムだったのかもしれない。