ブーゲンビリア

12-11-24_005.jpg
バンブーフォレストが所有するゲストハウスの灰色の屋根は、満開のブーゲンビリアにすっかり覆い尽くされている。

六年ほど前、始めて種子島のこの宿を訪れた時は、まだ軒から垂れるぐらいだった。
今ではもう、呆気にとられるほどの迫力すらあり、オーナーのナオさんはお茶でも出して観光名所にしようかなどと、コーヒーを飲みながら冗談を飛ばした。


この世でいちばん好きな歌に出てくるブーゲンビリアの花は、まさにこの宿の花。

あれからずいぶん遠回りをして、この島に帰って来たような気がする。

楽しくて、少しせつない遠回りを。


雨もすっかり上がって、波乗りも最高に気持ちよく楽しめた。

旅の道連れは、福井のデザイナー ヒロキと、伊良湖のある意味ギタリストの リョウ。
メンツもいい。


夜はバンブーフォレストで一年半ぶりのライブだ。


短い滞在だが、なによりも雰囲気のいい旅だと思う。