ワイルドベリー

13-05-03_001.jpg
なにもせずして、天からの恵みを受け取った。

果樹園の南側の斜面。無数の野いちごが、緑の絨毯から顔を覗かせていたのだ。
見つけた時、それはまるで思いがけない贈り物をされたような気分だった。

いちごそのものよりも、そんな気分になれたこと、それこそが贈り物だったのかもしれない。

毎日のように赤い実をむすんでくれるが、採りすぎには気を付けよう。

僕らが採って食べるためだけに、そこにあるわけじゃないから。

それにしても美味しい。

原野の味。