13-02-17_005.jpg
山の手入れは、2月または3月にやるべきことのひとつだ。


何百もの竹を切り、視界を広げた一昨年。

去年から今年にかけては、ペースを落として、ゆっくりと、時間をかけてはこの森をシェイプしている。

新しく伸びた細い竹を切り、広葉樹は選んで残す。

くぬぎを中心に、柿、椿、栴檀、栗、ビワなど。

そして新しく果樹を植えた。
レモンにアンズ、キウイ、ゆず、ブルーベリーなどが仲間に加わった。


この時期に開かれる植木市に出向いては苗木を買い込み、森の脇に少しずつ果樹園を作っているのだ。


春を、森とともに待ちわびている。

来月は、北陸を旅する。