12-11-02_010.jpg
もうすぐ10作目のアルバムを発表する。

タイトルは「月が昇る頃キミは」。

今までのどのアルバムより気に入っている。
それは毎回、作るたびに思うことだが。

出来上がるまでのあらゆる巡り合わせが、そして流れが自然でよかった。

80%ぐらいを熊本で、そのうちの半分を自宅でレコーディングした。

そのことが何よりも最高のサウンド、雰囲気に繋がったと思う。

自分らしさとはいつもすぐそばにあるものだ。



アルバムがCDになるには、最後の最後にマスタリングという作業が必要とされるが、今回その作業をロンドンのアビイロードスタジオに依頼して、仕上げてもらった。


ビートルズの後期の作品が産み出された、いわばロックの聖地だ。

ネットワークが発達したおかげで、日本にいながらにして、憧れのアビイロードスタジオとセッションできる。
僕にこのチャンスを逃す手はなかった。


なぜなら、アルバム「アビイロード」、「レットイットビー」、そしてシングル「ヘイジュード」と出逢ったおかげで、僕は今でも音楽に恋し続けているのだから。


ほんとはロンドンまで行きたかったし、リバプール詣でも恥ずかしがらずにやってのけたいとこだったが、それはまたの機会にとっておこう。


「月が昇る頃キミは」。

やっと夢のアルバムにたどり着いた。


そして今、また次の夢を見ている。