ミニアルバム

2017070509590000.jpg
今日、ミニアルバム「ひだまり」をリリースする。

僕から皆さんへ短い手紙といったところだ。

アルバムにインスピレーションを与えてくれた長崎のとある村は、ダムに沈められようとしてる。

だからこのアルバムの売り上げの一部を、その集落を守る活動をしているパタゴニアに寄付する。

そこには美しい小さな川が流れており、魚がふるさとに帰るように、僕の音楽も源流へ少しばかりだがお返しさせてもらう。

アルバムの最後、「BLUE SKY」という曲が特に気に入っている。

ギターの響きや歌のフィールを幻想的にして、永遠に広がり続ける愛の光のようなものを表現したかったのだが、それがなんとなく感じられるような気がするのだ。

4曲だからあっという間に終わってしまうアルバムだけど、これからの僕の旅にずっとどこまでも連れて行くつもりだ。