ひだまり

2017041507330001.jpg
鳥の声で朝目が覚めると、僕は静岡にいた。

昨日の夕方東京を出て西へ走ったのだ。

ずいぶん長いこと眠った。

そこは静岡の少し内陸にある、静かなゲストハウスの離れ、タイニールーム。

世界中を照らす太陽からのギフトのような、ひだまりの部屋。

あれから一年が過ぎ、また春が来た。

緑が芽生え、花が開き始めている。

あの時と同じように僕はやはり旅の中にいる。

桜の花びらが空を舞い、菜の花が揺れている様子をこんな風に眺めていられるのは、なんだか二年ぶりみたいだ。

窓を開けるとまだ少し冷たい風が気持ちいい。

朝食を作ってデッキで一休みしたら、海へ行こう。