舞阪

2017081915500000.jpg
浜松のご機嫌なローカルサーファーらと海で合流させてもらいセッションを楽しんだ。


子どもたちが海と戯れる姿が日常の港町はなんともほほえましかった。


夕方から夜にかけて、弁天島の特設ステージでライブだった。

花火の後のエフエムの生中継でのライブはことのほか盛り上がった。

夏のビーチサイドならではといったところだ。


立秋は過ぎ去り、夜風が少しずつ涼しさを帯びてきたから、車中のベッドも随分と凌ぎやすくなっている。

浜松を後にして新東名に上がり、標高をかせいだところでワゴンを停めて眠りについた。

目覚めてはすぐ、僕のもうひとつのホームタウン、湘南へ走った。