チーズケーキ

2017041515190000.jpg
今回の旅では三度波に恵まれた。

材木座、相良、そして和歌山の御坊。


鎌倉の材木座は駐車場から海へのエントリーの勝手を思い出せないくらい久しぶりだったが、混んでいる他のポイントに比べるといくらかゆっくりとした雰囲気を楽しめたように思う。


相良は相良で良かった。波がほとんど無かったから、はじめは僕一人きりだったのだ。

コーヒー豆とチーズケーキを買って、海辺で波を見ていた。

波を見ていたらやはり海に入りたくなったので、ロングボードを引っ張り出してシャワー代わりにと飛び込んだ。

気がつくとサンセットタイム、もう一人のサーファーと二人で贅沢な時間をシェアしていた。

和歌山の波はヒットしていた。
しっかりとしたサイズも力もあるウネリにやや興奮を覚えながらトライした。

いずれも素晴らしい経験だった。もちろん、ライブも同じく。

この4月はドラマーの沼澤尚氏とよくライブをしている。

彼は僕の音楽を一回りか、あるいはそれ以上にダイナミックなものに変えてくれる存在だ。

このままの勢いでレコーディングもしたいねなんて具合に話も弾み、そしてまた道が開かれてゆく。

大阪の弾き語りのライブを無事に終え、港からフェリーで九州へと戻る。

昼間のドライブは暖房から冷房へと切り替わった。町を抜け出す頃になるともういつも窓は全開だ。

僕は旅の虜なのだろうと思う。