イタリアングラフィティ

2016102909580000.jpg
休日の朝に自宅にいる時は決まってニックデカロのイタリアングラフィティを聞くことになる。

「二人でお茶を」という間の抜けた邦題がつけられた二曲目が、その日が晴れていればぴたりとフィットするのだ。

10月はいつになく雨が多かったけど今日からしばらくの間晴れが続くという。
久しくお目にかかれなかった青空が眩しい。

今日一日ゆっくりと休み、明日の朝早くには長崎へ行く。