穏やかな波間に

2016091712450001.jpg
千葉へは無理して一気にのぼらず、途中波があれば高速道路を降りてどこかへ寄りながらゆっくり行こうと決めたとたん、気が楽になった。


そこは馴染みのポイントで、ロングボードにお似合いのいい波が届いていた。

慌てたように着替えては飛び込む。

年に一度、ほとんど静岡の海の上でしか会わない人にもやはりここで巡り会えた。

競いあうことなく誰もが風と波とを分かち合っていた。

最高の気分だった。

サーフボードにしがみついたままとはいえ、陸地を少しだけ離れて物質文明から脱出できたこの一時はいつも、他の何物にも変えがたい充足感を与えてくれる。

海に帰り、海と繋がる。